多次元キネシオロジー 講座の合間に・・

5日間のベーシック講座が終わり、ベーシックのみの参加の方が朝食の後にチェックアウト。

それを見送り、プラクティカルースまでは一日お休み!

同室のYさんとは初対面だったけれど、毎晩宇宙談義?というかスピリチュアルな話をしていて、とても楽しかった。
初対面だけどすんなり馴染めるのも、同じようにのりこブログを興味を持った仲間ならでは!

そんなYさんともしばしお別れで寂しいですが、この日はこれからプラクティカルが始まるとうワクワク感で一杯でした。

この日、プラクティカルを受講するメンバーで既にOKが出ていた人に対して、アチューメントが行われていたのだけど、私はまだ呼ばれず・・。

ベーシックの間は、ずーっと雨だったのに、この日は快晴☀

その後も、アチューメントが行われる時には何故か晴れるという不思議な現象が続いたのでした!!

何かに守られているとしか考えられないと思えました。

 

講座中には、この日は戸隠神社まで行こうと考えていたけど、講座の疲れもあってそんな気にならず、戸隠神社には8年前に長野で全日本フィギュア選手権を観戦した時に一度行ったので、まぁいいか、と水輪にとどまることにしました。

みんなそんな感じだったので、ランチのあと、セミナールームで自習していたメンバーもいたけれど、私は、他に自主練していないメンバーと一緒に水輪の二つのストーンサークルに行ってみたりと水輪の中を散歩して、美味しいチーズケーキを食べてお茶してまったり。
あとはセルフヒーリングをしたぐらいでゆっくりしていた。

ランチは、そばがきで、とってもおいしかったです! 

はじめてそばがき食べたかも!

 

チーズケーキもとても美味しかったのだけど、写真を撮るのを忘れてしまった。。

 

水輪には二つのストーンサークルがあって、一つは中庭にあるストーンサークル。

もう一つは、アチューメントが行われたいのちの森の敷地の南端にある白樺林の中にあるダヌマールのストーンサークル。

 

中庭にあるストーンサークルは、アメリカンインディアンの血筋を受け継いだドランバロ博士一行により1996年に造られたもの。

願いごとが叶うと言われているサークルです。

 

どちらの足から入るかや精霊に挨拶するタイミングなどやり方があるので一人では覚えきれず、だれかに指示してもらってやるほうが良いので、講座の仲間と行けて良かったです!

この時の私の願いは、「筋反射がとれるようになりますように」でした・・(汗)

いや、もうちょっと世界平和とか祈れば良かったかもだけれど、きっと私のセッション能力が高まれば、、そのセッションを受ける人が増えるのであれば、その広がりは最終的には世界平和につながる、という壮大な解釈をしてそれでよし、としました・・(笑)

ドランバロ博士によれば、ネイティブアメリカンの言い伝えで、「世界12か所にこのストーンサークルを作りなさい」というメッセージがあって、日本では、その場所は長野県の戸隠地籍のこの聖なる土地にあるはずだというハワイに住むリチャード氏からの示唆があったので、ドランバロ博士一行は水輪に7日間宿泊し、毎日戸隠に出掛け場所探しをしていました。

連日戸隠で相応しい場所を探したけれども見つからず、最終日の7日目になって結局水輪の庭が相応しい場所だったと分かったそうです。

(ちなみに水輪がある場所は飯綱ですが、江戸期までは水輪の場所は戸隠籍であったとのことです。)

サークルが正式に出来る前、水輪のオーナー夫妻に、「このサークルを完成させると、ここには心の美しい人しか入って来ることができなくなりますから、宿泊施設のビジネスとしては、良くないかもしれませんがそれでもいいですか?」と聞かれたそうで、塩沢夫妻は心よく承諾し、サークルが完成したとのこと!

 

 

ダヌマールのストーンサークルは、2016年イタリアのトリノにあるダヌマールというコミュニティ(*)の方たちによって造られたものです。

(*)国連から「グローバルな人間の共同社会フォーラム2005賞」を受賞し、持続可能な社会モデルとして認められた、イタリア政府公認の欧州最大のスピリチュアルコミュニティ。

水輪には2本のシンクロニシティラインが交差しているとのことで螺旋のサークルが造られ、このサークルには宇宙に遍満する様々な叡智とアクセスすることが出来る力が秘められており、緑色のオーラに包まれているのだそうです。

ダヌマールのストーンサークルには、アチューメントの時に初めて足を入れたかったので、この日はただ見るだけにしました。

素晴らしい自然の中の神聖な場所です。

のりこさんは、このいきさつについてよく知らずに、知り合いの勧めで講座開催の場所として、昨年ここ水輪を選んだそうなんですが、のりこさんはダヌマールともドランバロとも縁が深いし(勧めた人が全て分かった上で勧めたのかわかりませんが)、そして、今回プラクティカルコースでアチューメントを行うことになって、それを行うのに最適な聖なる場所(ダヌマールのストーンサークル)も水輪には備わっていて・・

偶然にしては出来過ぎで、全ては流れがあってそこに向かっていたと感じ、なんだかゾクゾクしました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です